2016年・第8回運営委員会

事務局です。

いつもご支援、ありがとうございます。

早いもので、2016年もあっという間に年の瀬を迎えました。当センターも、2016年12月26日に、今年度最後の運営委員会(第8回)を行いました。

以下、簡単にご報告をしていきたいと思います。

今回の運営委員会では、まず2015年度の年次報告書の編集・発送作業に関して話し合いました。来年1月22日に発送作業を行い、郵送することとなりました。発送後、pdfバージョンを本サイトにアップロードしますので、またその際にはこちらのブログからお知らせします。

ピースタックス会員のみなさま、年次報告書を通じた活動報告が大変遅れてしまっておりますこと、改めまして申し訳ありません。

協議事項としましては、沖縄の辺野古基地移設問題に関する裁判において、沖縄側の最高裁敗訴を受けて、当センターで何を行うことができるのかを話し合いました。また、代表の上村英明も参加するアイヌ政策検討市民会議(第3回)において、議題となっている遺骨問題や、アイヌ専門家に対する問題意識に関して情報を共有しました。

さらに、来年で当センター設立から来年で35周年となります。そのため、ワークショップなどのイベント開催に関する相談も行いました。特に、2017年7月の日本平和学会の研究大会で植民地主義と憲法をトピックとしたテーブル、11月の国際人権法学会での沖縄をテーマにしたテーブルなど、当センターの活動と関連する学会活動が盛んに行われるため、連動して何かできないかを話し合いました。

また、当センターの電話についても話し合いました。近々、事務所の固定電話を解約して、新たに当センター所有の携帯電話を契約する話を進めております。それに伴い、電話番号も変わりますので、後日、こちらからお知らせいたします。

今年度も大変お世話になりました。来年度もよろしくお願い申し上げます。

どうぞよいお年をお迎えください。

事務局