先住民族

先住民族とは、近代化と植民地支配によって一方的に土地や資源を奪われ、虐殺や搾取、さらに文化を否定されて同化政策の犠牲となってきた人びとです。国連の推計では、80カ国以上に約3億人の先住民族が生活しており、北米の「インディアン(ネイティブ・アメリカン)」、豪州の「アボリジニ」と呼ばれた人びとが典型だとされています。しかし、日本にも、こうした支配の犠牲者としてアイヌ民族と琉球(沖縄)民族が存在しているように、現在ではアジア・アフリカ各地で同じような経験をした多くの集団が先住民族を主張しています。こうした先住民族の土地には、軍事基地や核実験場が建設され、森林の大規模伐採やダム開発での強制移住なども行われています。また、先住民族女性の貧困や子どもの教育の機会の少なさや劣悪な健康状況も問題となっています。

現在、自然と共生する文化をもつ先住民族とその権利回復への関心が国際的に高まっています。その権利を守ることは、軍事化や核汚染に反対し、地球環境と人権を守り、多様な文化をもつ真に民主的な社会を21世紀に作ることです。